アクセス
Access

矢嶋医院
〒381-0038 長野市東和田689-5
駐車場 医院横6台 離れ8台

詳しい地図は以下をご参照ください

» 詳しい地図を見る

診療時間
Clinic Hours

午前 8:30~13:00
午後 14:00~17:30(土曜は午前のみです)
新患の受付は12:50、及び17:20までとさせていただきます
休診日 日曜・祝祭日

診療時間日祝
8:30~13:00
14:00~17:30

お問い合わせ・ご相談
Contact

地域の女性の健康をサポートします。

でんわ:026-259-0555
ホーム > 婦人科 > お悩み症状・ご相談:外陰部がかゆい・おりものが多い

婦人科

お悩み症状・ご相談

外陰部がかゆい・おりものが多い

原因

体質的に子宮頚管からの分泌物が多い人は日頃から帯下(おりもの)感を覚えることもあります。また帯下は正常の女性でも月経周期の中頃(排卵期)には増加します。病気として最も多いものは「膣炎」です。また帯下の原因としては他に「頚管ポリープ」や「膣部びらん」さらに「子宮癌」などがありますので注意が必要です。
「膣炎」としては「カンジダ膣炎」「細菌性膣炎」「トリコモナス膣炎」などがあります。かゆみの原因として、おりものシートやナプキンのかぶれによる皮膚炎も多いです。

当院での検査と治療方針

おりもの培養を行うことで検査できます。検査は痛みなくすぐに終了します。また万一、子宮頸がんだと困りますので細胞診をします。いずれも抗生物質の膣坐薬などの使用が効果的です。外陰部のかゆみには軟膏を処方します。
「クラミジア頸管炎」「淋疾」によるおりものの治療には抗生物質を投与します。